Home > Our Team [ 木下昌彦(Masahiko Kinoshita) ]
   
弁護士 木下昌彦
外資系企業を中心に使用者側の代理人として労働紛争を多く取り扱うほか、就業規則等の諸規定の作成、労働契約書、派遣契約書などの作成や雇用に関する個人情報保護法についてのアドバイスなど、他雇用に関連する様々なアドバイスを提供する。

また、損害賠償請求事件など主に外資系企業にかかわる民商事の訴訟、その他契約書や社内規程、議事録類のレビューなど一般企業法務などについても経験を有する。

代表的な案件は以下のとおり。

  • 能力不足を理由とする解雇について、大手投資銀行を代理
  • 定年後再雇用契約の雇止めを巡る訴訟において、大手金融機関を代理
  • 勤務態度不良を理由とする解雇について、外資系医療機器会社を代理
  • 業務委託契約を巡る訴訟で外資系電子機器メーカーを代理
  • プライバシー侵害に関する労働審判で大手投資銀行を代理

早稲田大学法学部卒業、東京大学法科大学院卒業、2015年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。英語堪能。